リフォームノート

キッチンのカウンターの高さを変更するプチリフォームをしよう

2018年7月17日


キッチンの使い勝手があまり良くないというときにカウンターの高さを変更すると快適になる場合があります。
料理をするといつも腰が痛くなってしまうという人や、肩こりが酷くなってしまっている人はプチリフォームを検討してみましょう。

理想の高さは「身長×1/2+5cm」


カウンターは人によって適切な高さがあるので、あまり気にかけていなかった人は高さを測ってみましょう。
一般的に適正だと言われているのが身長の半分に5cmを加えた高さです。

身長が150cmなら80cm、160cmなら85cm、170cmなら90cmでJIS規格ではこの三つのものが作られています。

5cmもカウンターの高さが違うとかなり使い勝手が変化し、体調に支障が生じるほどになることも珍しくありません。

カウンターは高いと肩こり、低いと腰痛になりやすい


一般的にはカウンターが高いと肩が上がってしまって肩こりを起こしやすくなり、カウンターが低いと前かがみになってしまって腰に負担がかかりがちです。
もともとの立つ姿勢や腕の長さなどによる影響もあるので微調整を行った方が良いときもありますが、通常は身長の半分少々の高さのカウンターにすると快適になります。

キッチンカウンターを変更する方法

カウンターの高さを変えるには大まかには三通りの方法があります。

①システムキッチンを入れ替える

最も単純なのはシステムキッチンを入れ替えてしまう方法です。
JIS規格では80cm、85cm、90cmのものしかありませんが、規格外のシステムキッチンもあるので体格が大きい人や身長が低い人でも適切なものを見つけられるでしょう。
特注で少し大きさを変えてもらうことも可能です。
システムキッチン自体が高価なので費用はかかりがちですが、新しいキッチンを使えるようになるという点でも魅力がある方法です。

②既存のシステムキッチンをプチリフォームする

次の候補として挙げられるのが既存のシステムキッチンの高さを変更する方法です。
一度システムキッチンを取り外してしまい、足を切って低くしたり、床との間に台を挟んで高くしたりすることができます。
ガス管や給水管などの工事も必要になる場合がありますが、比較的短時間で終わる工事で費用も比較的安くて済むのが一般的です。
ただし、システムキッチンの種類によっては足を切ることができない仕様になっていて低くはできないこともあります。

③カウンターに板を張り付ける

もう一つ挙げられるのがカウンター面に板を貼り付けて高くしてしまう方法です。キッチン面に用いられている板を買ってきて貼り付けるだけなのでDIYでも行うことができます。
厚さも様々なものがあるのでピッタリ合う高さにできる方法です。汚れたときには交換すれば良いだけという点でも優れています。

-リフォームノート
-

© 2020 Renote