リフォームノート

オーダーメイドキッチンの特徴は?費用の相場なども見てみよう

2018年7月19日

こだわり派にはオーダーメイドキッチン!

料理が大好きという方や、インテリアにはこだわっているという方に人気なのがオーダーメイドキッチンです。

オーダーメイドキッチンは、オーダーメイドというだけあって、キッチンの高さやどこに水回りを置くか、どういった機能をつけるかなど自由に設定できます。
システムキッチンを利用している人も多いですが、システムキッチンは既製品を組み立てて作られているので、基本的には細かな変更ができません。
もしキッチンに関してこだわりがあるという方は、オーダーメイドキッチンにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

オーダーメイドキッチンのメリットは

オーダーメイドキッチンはメリットも色々あります。
インテリアに合わせてお洒落なデザインにしたり、機能性を重視して自分の使いやすい設計にできるというのもメリットですね。

大きさや形を自由にできるので、リフォームでも導入しやすいというメリットもあります。

キッチンの使いやすさは人によって変わります。既成品だと高さも決まっているので、人によっては自分の身長に合わないということもあります。オーダーメイドキッチンなら、身長に合わせて楽に料理できる高さに設定できます。

自分に使いやすい設計ができる

オーダーメイドキッチンのデメリットは?


ただし、メリットだけでなくデメリットもあります。
自由に決められる分、選択肢があまりに多くて完成までのかなりの時間が掛かってしまうことも。
また、こちらの要望を伝えるために、何度も工務店とやり取りしなければなりません。

こういった作業が面倒という人には、ちょっと敷居が高いかもしれません。
オーダーメイドキッチンは、受注を受けてから材料を用意し作らなければならないので、発注してから納品されるまでに半年程度掛かることも多いです。ついついこだわりすぎて、コストが高くなってしまうというのもデメリットでしょう。

手間暇とお金がかかる

オーダーメイドキッチンの費用はどのくらい?

費用の相場ですが、だいたい70万円以上はかかると考えておいた方が良いでしょう。
また、素材を良いものにしたり、オプションを色々つけたりすると、300万円以上になる場合もあります。
システムキッチンの相場が100万円前後なので、相場的にはオーダーメイドキッチンの方が高めです。

オーダーメイドキッチンにする時の注意点ですが、依頼するリフォーム会社にオーダーメイドキッチンに対応しているか事前に確認することが重要です。
全ての会社でオーダーメイドキッチンに対応しているわけではなく、指定されたキッチン以外は取り扱っていないという会社もあります。
また、依頼する設計士が本当に信頼できる人物かチェックすることも大切です。

なるべくオーダーメイドキッチンを多く手がけてきた人に依頼する方が安心でしょう。

-リフォームノート
-

© 2020 Renote