リフォームノート

キッチンリフォームの基礎知識!費用について知ろう!

2018年7月23日

キッチンリフォームをする時には、費用が気になる人は少なくないでしょう。
キッチンは住宅の中でもいろいろな機能が複雑に絡み合う場所です。
そのため他の場所よりもしっかりとしたコスト管理をしないと、金額が高額になることがあります。

まずは優先順位を決めよう

まずキッチンリフォームについて考える時には、優先順位を決めます。
キッチンリフォームでは費用がピンキリですので、何がしたいかを明確にすることが費用を抑えるポイントになります。

優先順位が高くても水回りの移動やガスコンロの移動などがあるリフォームは一度立ち止まって考えましょう。
配管やダクトの移動が必要になるリフォームは費用が大きくなる傾向にあるからです。

キッチンリフォームはこのような基礎知識を知らないと、高額になってしまうことがあります。

そうならないために、まずキッチンリフォームでしたいことを明確にして下調べすることが大事です。
何に不便さを感じているか考えて、どうすれば解消できるかを検討します。
あとは費用と相談しながら、リフォーム箇所を決めるといいでしょう。

中心価格帯は100〜150万円

キッチンリフォームの費用として中心価格帯は100万円~150万円です。
これ以上の価格になると、キッチン全体を大幅にリフォームする工事が含まれているものになります。

アイランドキッチンにするために配管やダクトを変えて、キッチンの位置を別な場所にするなどのリフォームは150万円以上の工事となる場合が多いです。
キッチン周りの内装を整えて、照明を変える工事も含めてしまうと、この価格になってしまいます。

100万~150万円の価格ではどのようなことができるかというと、キッチンを変えることは可能ですが、場所を変更することはできないことが多いです。

100〜150万円では、場所の変更は難しい

キッチンを最新の物に変えてもこの価格帯にほとんど収まります。
場所が変わらなければ配管やダクトの変更をする必要がないため、費用は安く抑えられるのです。
また、システムキッチンをスタンダードなものにすることで、価格を100万円以下のに抑えられることがあります。

全部ではなく、一部をリフォームすれば予算は抑えられる

個別の物だけを交換するというリフォームの方法もあります。
ガスコンロだけを交換するというのであれば、50万円以下で行うことができるでしょう。
キッチンのリフォームは全体で考えると高いですが、個別の物だけを交換するというのであれば費用は抑えられることが多いです。

キッチンのリフォームを望むのであれば、何が必要かを明確にすることが大事です。
個別の交換だけでいいのであれば、大きな費用をかけずにキッチンリフォームをすることができます。

キッチンリフォームのポイント

-リフォームノート
-,

© 2020 Renote