リフォームノート

リフォームするならカラー選びも重要!知っておきたい、キッチン台の人気色

2018年7月17日


キッチンのプチリフォームを行う際に、キッチン台のおすすめカラーはどのような色なのでしょうか。
実はキッチン台は機能性だけでなく、カラー選びも重要と言えます。

一番人気はやはりホワイト系


まず、一番人気のある色はホワイト系です。白は汚れるのではと考える人もいるかもしれませんが、やはり清潔感があるのは白系です。
キッチンは食べ物を扱う場所なので、清潔感溢れる白色は見た目もさわやかでキッチンにふさわしいでしょう。

また白は膨張色なので、白いキッチンは広く見えます。

さらにホワイトはどんな色にも合わせやすいので、部屋の内装とのバランスが取れやすいというメリットもあるでしょう。
汚れが目立つ分、掃除もこまめにして常に綺麗なキッチン台を保てるのではないでしょうか。

2番人気はパステルカラー

次に人気のキッチン台カラーは、パステル色のものです。
淡いピンクやミント色、水色やレモン色などは、ふんわりと優しい雰囲気を醸し出します。
こうしたパステルカラーのキッチン台であれば、穏やかな気分で料理ができそうです。水色やミントなどの爽やかな色は涼し気に映るので、梅雨時期や暑い季節の家事が楽しくなるのではないでしょうか。

パステルカラーだけでは可愛らし過ぎると思う人は、少しグレーも組み合わせてみると落ち着いた大人らしい雰囲気になります。

ナチュラルブラウンは大人の雰囲気


万人受けするナチュラルなブラウン系のキッチン台にリフォームする人も多いです。ブラウン系にも木目調や大理石調などいろいろあります。代理石調は高級感溢れる雰囲気ですし、木目調はどこかハンドメイド感が漂うまるでカフェのようなキッチンになりそうですね。
木目調は汚れも目立ちにくいですし、リラックス効果も期待できますよ。

ツートンカラーは意外に飽きがこない

また、濃いカラーとホワイトの2色を組み合わせたデザインもあります。ツートンカラーのキッチン台はおしゃれで飽きが来ません。個性的なキッチンにしたい人や2色どちらにしようか迷ったときは、ツートンカラーという選択も良いのではないでしょうか。思い切って赤と白を組み合わせたポップなキッチン台にしてみるのも、明るくて家族みんなが元気になれそうですね。

すべてのカラーは、艶アリとマット調に分かれます。艶のないマット調の場合は、光が反射しにくくて落ち着いたシックなキッチンになりそうです。
このように、キッチン台を何色にするかによって、部屋の雰囲気もガラリと変わりますし家事をする際の気分にも影響が出ることがあります。
自分好みのカラーのキッチン台で、毎日快適に家事をしたいものですね。

-リフォームノート
-

© 2020 Renote