省エネ

家庭でできる省エネ!「ZEH」について理解しよう!

2018年9月6日


家庭でできる省エネ「ZEH」をご存知ですか。
太陽光発電や住宅の省エネ性能を上げることで、消費エネルギーを少なくする方法です。

これから、「ZEH」の特徴や新築する時のポイントについてご紹介しますので、参考にしてみてください。

ZEHとはどのようなものか?

「ZEH」はゼッチと呼ばれ、「Net Zero Energy House」の略語です。
住宅の省エネ性能や断熱性を上げること、太陽光発電でエネルギーを創ることが関係しています。
これらを実施することで、年間の消費エネルギー収支をプラスマイナスゼロにできる住宅です。

地球温暖化を防ぐためには、ガスの排出量を削減する必要があるでしょう。

創るエネルギーが各家庭のエネルギー消費量を上回り、エネルギー収支がゼロもしくはプラスになる住宅をいいます。
2020年までに、ZEHを「標準的な新築住宅」にすることが政府の目標です。

新築を建てる時には、ZEHを導入しやすくするため、国から補助金が出るようになっています。

ZEHにする時のポイント「創エネ・省エネ・断熱」

太陽光パネルを設置しよう

ZEHにするためには、「エネルギーを創る・使うエネルギーを省く・断熱性能を高める」が大切です。
エネルギーを創るためには、太陽光発電ができる環境を整えます。

そのため、太陽光発電パネルなどの設置が必要です。

もし、狭小地でパネルが搭載できない場合には、「ニアリーZEH」という基準が新しく設けられています。

蓄電池を設置することで補助金が支給される

また、蓄エネとして創ったエネルギーをためて、発電できる時間以外にも使えるようにするのが望ましいです。
蓄エネをするためには、蓄電池の設置も必要になりますが、補助金が出るため設置するといいでしょう。
雨の日や夜間は、太陽光発電はしにくいです。
そのような時に蓄えたエネルギーがあると、それを活用できます。

蓄電池は停電の時にも使えるため、災害時にも役立つでしょう。

省エネ性能が高い照明や機器の設置を

使うエネルギーを省くためには、消費する電力を減らすための装置が必要です。
省エネ性能が高い照明や機器・HEMSの取り付けをします。

換気や照明・空調・給湯などのさまざまな機器で省エネ性能が高いものを取り入れ、消費する電力を減らすことが大切です。

HEMSの設置はZEHには必須とされています。
HEMSとは使用電力量を目で確認でき、家の機器を一括でコントロールして、エネルギー使用量を最適にするものです。
断熱性能を高めるためには、エネルギーロスを最低限にします。つまり、夏が涼しく冬は暖かい住宅にするといいでしょう。
優良な断熱材を使用し、気密性が高い家にします。

断熱性が高い構造体にすると共に、高性能グラスウールや高断熱サッシなどの使用が効果的です。

-省エネ
-,

© 2020 Renote