省エネ

やらなきゃ損! 断熱リフォームの4つのメリットと具体的な方法

断熱リフォームをする人が増えています。その理由は、「家の中に日が当たらず、暖房も効きが悪い」「真夏は家の中が暑すぎてエアコン代がかさむ」などです。
特に、高齢者や小さな子どもがいる家庭では、暑さ寒さは健康面から見ても深刻な事態を引き起こしかねません。

この記事では、断熱リフォームの効果やメリットと、断熱リフォームの具体的な方法をご紹介します。

断熱リフォーム 4つのメリット

メリット1. 光熱費を削減できる

断熱リフォームの一番のメリットは、なんといっても光熱費を削減できることです。
こんな人は断熱リフォームが特におすすめです。

  • 夏はエアコンが設定以上の温度にならない、部屋を涼しくするために長時間エアコンをかけなければならない
  • 冬は暖房をつけても家の中が寒い、吹き抜けがあり暖房の暖かさが全部上にいってしまう

断熱リフォームをすると、外気からの影響を受けにくく、室内の空気も外に逃がしにくくなります。そのためエアコンなどの冷暖房の稼働時間や設定温度も負担が少なくて済むのです。

メリット2. 1年中快適に生活できる

断熱リフォームをすると室内を一定の温度に保てるため、1年中快適に過ごせるようになります。冬の朝は寒くてなかなか起きられない、夏は暑すぎて目が覚めるといったこともなくなります。

また、外気の影響を受けにくいため、結露やカビなども発生しにくくなる効果があります。

メリット3. 熱中症やヒートショック予防

昨今は温暖化の影響で夏の最高気温が上昇し、家の中で熱中症にかかる高齢者のニュースが後を絶ちません。1日中クーラーをつけているせいで、自律神経のバランスが崩れて体調不良になる人もいます。そのため、高齢者の中にはクーラーが苦手でつけたくないという人もいます。

ペットなどを飼っている家庭でも、ペットにお留守番をさせる際には熱中症などが気になるでしょう。

また、冬はお風呂場やトイレ、廊下などの気温は、外気と同じくらいになるといわれています。温かい部屋から突然寒い場所に移動することで、急病のリスクが高まります。

断熱リフォームは室温をほぼ一定に保てるため、熱中症やヒートテックの予防になります。

メリット4. 断熱リフォームは助成金が受けられる

国は、高性能建材や次世代建材による断熱リフォームに対して、補助金を出す制度を設けています。
床の断熱材設置は30〜120万円、壁の断熱材設置は80〜200万円、断熱窓の設置は6〜15万円です。

こうした制度を上手に利用すれば、よりお得にリフォームができます。
詳しくは工務店やリフォーム会社に相談してみましょう。また、下記の記事でも詳しく説明しています。

[sitecard subtitle=関連記事 url= dannetsu01]

 

断熱リフォームができる場所

断熱リフォームが出来る場所は、次の箇所です。

外壁 壁を解体して断熱材を入れる・既存の壁の上から断熱材のついた壁を貼る
断熱スプレーを吹きかける
天井 屋根裏に断熱材を敷き詰める
断熱窓に取り替える・二重サッシにする
浴室 壁・床・天井などに断熱材を入れる、断熱のユニットバスに交換する

また、断熱リフォームには2つの工法があります。

断熱リフォームの方法|外断熱工法

外断熱工法とは、建物の外側に断熱剤を入れる方法です。
建物の構造の外側に断熱材を貼り付けていくので、工事期間や費用はかかりますが、建物全体を包み込むためその効果は抜群です。

断熱リフォームの方法|内断熱工法

内断熱工法とは、床・柱・壁など内側の空間に断熱材を入れていく方法です。
外断熱工法より気密性が低いので断熱性は弱まりますが、予算を抑えることができます。

断熱リフォームで快適な暮らしを手に入れよう!

断熱リフォームは、光熱費が削減できるだけでなく、熱中症やヒートショックなどを防ぐなどの健康面でのメリットがあります。近年では夏のクーラー病なども問題になっているので、健康を保つためにも断熱リフォームは効果的です。また、1年中快適に過ごせるのも魅力的ですね。

断熱リフォームは補助金制度を上手に利用したり、建材を安くしたりするとよりお得にできますよ。

-省エネ
-

© 2020 Renote