浴室・洗面所のリフォーム

【お風呂のリフォーム】浴室乾燥機付きのシステムバスにする5つのメリットと費用


梅雨時や長雨の時期には部屋中に洗濯物がぶら下がり、室内も湿気でジメジメしてイヤですよね。昨今では梅雨時だけでなく、春秋の花粉症シーズンにも外に洗濯物を干せず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そんなときに便利なのが浴室乾燥機です。浴室乾燥機とは、電気やガスの力で温かで乾燥した空気を作り、浴室内を乾燥させるもの。最近の新築の戸建てやマンションなどでは、浴室乾燥機がついているシステムバスが多いですが、一昔前に建てられた物件では浴室乾燥機がついていないことがあります。

でも、もしご自宅がシステムバスなら比較的簡単に取り付けることが可能です。また、これから浴室のリフォームをしようと思っているなら、浴室乾燥機付きがおすすめです。

今回は、そんな浴室乾燥機付きのシステムバスにするメリットや費用についてご紹介します。洗濯物だけでなくたくさんのメリットがあり、生活が快適になりますよ。

 

浴室乾燥機を後づけする5つのメリット


浴室乾燥機を後づけすると、5つの嬉しいメリットがあります。

1.冬場の浴室を暖かくしてくれる

冬場、暖かいリビングから冷えた浴室に移動し、温度変化で血圧が急速に上がり死亡につながるケースが跡を絶ちません。

この現象をヒートショックといい、温度差による急激な血圧上昇は、心筋梗塞や脳卒中の原因となります。実は、高齢者のお風呂での事故は交通事故の3倍にもなり、ヒートショックは大きな原因の一つとなっているのです(2011年国土交通省調べ)。

浴室乾燥機は予め浴室を温めておけるので、ヒートショックを防げます。高齢者や血圧が気になる方にはおすすめの機能です。

 

2.洗濯物を乾かせる

浴室乾燥機の一番のメリットは、なんといっても洗濯乾燥機能です。雨が続く季節だけでなく、一人暮らしで夜間にしか洗濯できない人や、洗濯物を外に干したくない人はとても重宝します。

部屋干しだとどうしても生乾きになることもあり、生乾き臭やカビの原因にもなり健康にもよくありません。

しかし、浴室に洗濯物を干して乾燥できれば、部屋のスペースを取ることもなく、室内がジメジメすることもありません。

すばやく乾くので、洗濯物が溜まる・着たい物が乾いていないといったアクシデントもなくなります。

 

3.浴室内のカビの発生を減少する

浴室掃除で気になるのがカビですよね。特にカビの原因は、入浴中の蒸気が上がって天井にとどまり、天井に黒カビを発生させること。カビの胞子ができると浴室全体に胞子が浮遊し、壁やドアのパッキンなど掃除しにくい場所にカビが繁殖してしまいます。

浴室乾燥機を回しておけば、乾燥した温かい空気で湿気を取り除くことができ、洗濯物を乾かしながら浴室内のカビ防止にもなって一石二鳥です。

 

4.夏でも涼風で快適に入浴できる

夏の入浴は蒸し蒸しして、長時間入るのが苦手という人もいるのではないでしょうか。

特にマンションは浴室に窓がない場合も多く、そうなると文字通り蒸し風呂状態になり、汗を流してさっぱりしたいのになんだか逆効果という事態に。

でも、浴室乾燥機の涼風機能を使えば、夏でも涼しく快適に入浴できます。

 

5. 省エネ機能で節電対応できる

最新の浴室乾燥機のほとんどは、省エネ機能がついています。カビ対策のために使い続けると電気代が気になりますが、省エネ機能を利用すれば電気代もオトクです。

たとえば、Panasonicの浴室乾燥機のエコナビ機能は、年間の電気量を約30%も削減してくれます。

 

浴室乾燥機の種類

浴室乾燥機には、電気ヒーター式と電気ヒートポンプ式、ガス温水式の3種類があります。

1.電気ヒーター式

電気ヒーター式は本体の内部ヒーターを熱して温めるしくみです。施工が簡単ですが、他の2種類と比べると乾燥・暖房機能がやや低く、温風が出るまでの時間もかかります。

2.電気ヒートポンプ式

電気ヒートポンプ式は、外の空気をヒートポンプで取り入れて熱を溜めるしくみです。電気ヒーター式と比べると乾燥・暖房機能が高く、省エネ効果もあります。

3.ガス温水式

ガス温水式は、外の熱電源から沸かしたお湯を循環させて温風を出す、ガス湯沸かし器と同じしくみです。本体の他に室外の熱電源が必要なため、設置費用やガス代がかかりますが、パワーがあります。

 

浴室乾燥機後づけリフォームの費用相場

浴室乾燥機の価格は各メーカーによって異なりますが、電気式の場合はおよそ10〜15万円、ガス式の場合は本体と室外機を合わせて20万円程度です。

また、取付費用は2〜5万円程度が相場です。

 

システムバスの浴室乾燥機のまとめ

浴室乾燥機付きのシステムバスにするメリットは、以下の5つです。

メリット

  1. 冬場のヒートショック対策になる
  2. 季節や昼夜を問わず洗濯物がすばやく乾かせる
  3. 浴室内のカビ防止ができる
  4. 涼風機能で夏の入浴も快適にできる
  5. 省エネ機能で節電できる

 

また、浴室乾燥機の種類は電気ヒーター式、電気ヒートポンプ式、ガス式の3種類ですが、電気ヒートポンプ式なら乾燥や温めるパワーも強く、費用も他の2種類とほぼ変わりません。設置もとても簡単です。

浴室乾燥機を設置して、入浴時や梅雨時などの洗濯物の憂鬱から開放され、快適に暮らしましょう!

-浴室・洗面所のリフォーム
-,

© 2020 Renote