浴室・洗面所のリフォーム

ガス給湯器を交換する時期や費用相場は?

冬に突然ガス給湯器が故障すると、生活の中でお湯が使えないのでとても困りますよね。特にお風呂で体を温めることができないのは辛いことです。

ガス給湯器がダメになる前に交換する時期を確認できるよう、ここではガス給湯器の寿命や交換の費用相場についてご紹介します。

ガス給湯器の寿命はどれくらい?

ガス給湯器の寿命は約10年前後と言われています。これはメーカーに左右されないようです。

ただし、給湯器本体が汚れていたり、頻繁に水に濡れたりすると寿命が短くなります。また、配管にダメージを与えてしまう入浴剤や塩を入れるなども、給湯器の寿命を縮めてしまうため、注意したいものです。

次のような場合は、交換時期が近くなっている目安です。

  • 設定通りにお湯が温まらなくなってきた
  • 時々お湯の温度が変わる
  • お湯が温まる時間が遅くなった
  • お湯を出すとき“ガンッ”“ボンッ”と音がする
  • 追い炊きができなくなった
  • ガス給湯器の本体が変形している
  • 給湯器の周りが不自然に濡れている
  • 使用中にガスの臭いがする

特に、着火時に異音がする場合や、使用中にガス臭い場合は、不完全燃焼をおこしている可能性が考えられます。危険ですので、なるべく早く交換することをお勧めします。

ガス給湯器交換の費用相場

一般家庭用(20号)のガス給湯器の相場は、本体とリモコンを合わせて15万円程度、風呂給湯器なら30万円程度です。相場は、機能によって異なります。

ガス給湯器の種類

ガス給湯器には、大きく分けて3つの種類があります。

給湯器の種類 特徴
ガス風呂給湯器
(一般的なタイプ)
風呂を沸かす、追い焚き、風呂・キッチンや洗面所への給湯ができる
ガス給湯暖房用熱源機 ガス風呂給湯器の機能に加えて、温水床暖房や浴室暖房乾燥などが使用できる
ガス給湯器 風呂・キッチン・洗面への給湯ができる

 

種類別の相場

同じタイプでも、さらに機能によって価格が異なります。(記載した価格はメーカー希望小売価格です)。

タイプ 機能 相場
ガス風呂給湯器 給湯本体・リモコン 約20万円
給湯本体・リモコン・追焚・自動機能 約30万円台
給湯本体・リモコン・追焚・全自動機能 約30〜40万円
ガス給湯暖房用熱源機 給湯本体・リモコン 約30万円
給湯本体・リモコン・追焚・自動機能 約40万円前半
給湯本体・リモコン・追焚・全自動機能 約40万円後半

ほとんどの販売店で割引を行なっているため、実際はもっと安く購入することが可能です。

交換工事費用の相場

交換工事の費用は、どこに頼んでもおよそ3〜5万円が相場です。給湯器の大きさ(号数)によって価格が変わることはありませんが、設置場所の交換や増設の場合には別途費用がかかります。

ガス給湯器を交換する際の業者の探し方

昔は電話帳から近所のガス給湯器を取り扱う工事会社などを調べましたが、現在ではインターネットで探すのが便利です。ただし、何を基準に探せば良いかには迷いますよね。そこで、2つの選び方をご紹介します。

ネットで工事会社を探す

インターネットで「居住地域 ガス給湯器 交換」と検索すると、お住いの地域のガス給湯器を取り扱う工事会社が何軒かヒットします。こういった会社では、給湯器本体と工事をセットで販売しています。

割引価格も40〜90%オフまでと、かなり安くしているのが魅力的です。

会社によって取り扱うメーカーや商品が異なるため、自分が購入したいメーカーの商品を取り扱っているかを見てみると良いでしょう

ネット通販で探す

楽天・Yahoo!・Amazonなどのネット通販でも、ガス給湯器を販売しています。工事も込みで販売しているものもあるので、色々と見比べてみるのもお勧めです。

ネット通販だと保証やアフターサービスがないのでは? と心配する人もいると思いますが、保証やアフターサービスのほか、設置不可の場合は商品や工事代金をキャンセルできる業者もあるので、くまなく見てみることをお勧めします。

また、送料が別途になっているものもあるので、送料も確認するのをお忘れなく。

ガス給湯器交換のまとめ

ガス給湯器は、大体10年前後で寿命を迎えます。ある日突然使えなくなるという困った事態にならないように、日頃から点検しておくことが重要です。

ガス給湯器の費用相場は一般的なものでおよそ15万円、暖房使用も可能なものになると32万円程度になります。また、工事費用は3〜5万円程度ですが、ネット通販の場合には本体だけなのか、工事も含まれるのか、送料は別なのかなどを確認したいものです。

ただ、何かあった時に気軽に相談できるのは、やはり地元に根付いた工事会社です。また、会社によって取り扱うメーカーや得意なことが異なるため、自分の希望のガス給湯器を取り扱っているかどうかをまず確認してみてください。

-浴室・洗面所のリフォーム
-

© 2020 Renote