トイレのリフォーム

【トイレリフォーム初心者におすすめ】トイレ業者の選び方6つのポイント

2019年4月8日

「トイレのリフォームをしたいけれど、どのリフォーム会社に頼んだらいいか分からない……」

トイレのリフォームをしようと検索すると、お住まいの地域内でもたくさんのリフォーム業者がヒットすると思います。

リフォーム会社は長く付き合うことになるので、できるだけ信頼できる会社を選びたいですよね。

そこで、トイレまわりの工事ができるリフォーム会社の選び方についてまとめてみました。

まずはトイレリフォームの相場を知ろう

トイレのリフォームをする際に一般的な相場を知らないと、相場より高い見積もりを提示されても判断できませんよね。

まずはトイレリフォームの相場を知りましょう。

トイレリフォームの相場

  • 便器交換 3万円〜5万円(機器代別途)
  • 和式から洋式への交換 30万円〜50万円(機器代別途)
  • 床材の張り替え 3万円〜6万円
  • 壁紙の張り替え 3万円〜5万円(1畳分)
  • 手すり設置 3万円程度
  • シャワー便座の設置 8万円程度

 

また、選ぶ機器や消臭効果のある床材や壁紙などによっても、価格は変わります。

相場を知っていれば、予算を提示してリフォーム内容を相談することができますね。

実績・業績をチェックし信頼できる業者を選ぶ

信頼できるかどうかは、実績や業績をチェックするのが一番です。

リフォーム会社のほとんどは自社ホームページを持っていますので、「施行例」などで実際にどんなリフォームを行っているのかを見てみましょう。

トイレ工事は「機器を交換するだけだからわりと簡単」と思いがちですが、水回りの処理は専門的な知識が必要です。

建築関係のリフォーム会社でも、水回りの設備工事の事例や水回り専門業者との連携などがあれば、トイレの設置工事が得意な確率が高いです。

トイレ空間をトータルで考える専門知識がある業者を選ぶ

トイレ内全体のリフォームを行う場合、使い勝手や家のイメージ、機能などをトータルで考える必要があります。

ただ要望通りに見積もりするだけでなく、専門家から見て提案してくれると安心ですよね。

デザインだけで決めてしまうと、排水や水圧などを無視した工事になる場合があり、後々困るのは実際に使うこちら側です。

こちらの要望を聞きながらも、正しい知識で導いてくれる業者を選びたいものです。

アフターメンテナンスが充実している業者を選ぶ

リフォームは施工して終わりではなく、その後のメンテナンスが大切です。

リフォームしてしばらく立った時に、水漏れやシャワートイレが動かないなどのトラブルが発生する場合もあります。

トイレリフォームの業者は、工事保証やアフターメンテナンスが充実している会社を選びましょう。

スタッフページでスタッフをチェックする

リフォームは業者さんが自宅に入って作業をします。リフォーム当日、実際にどんなスタッフがやってくるのかは気になるところですよね。

リフォーム会社のホームページには、大抵の場合スタッフ紹介のページが設けてあります。

スタッフ紹介ページには、顔写真や取得している資格なども記載されているので、チェックしておくと安心ですよ。

お客さまの声などが乗っていれば、工事中の対応なども知ることができます。

見積書をチェックする

見積書は、金額はもちろん、どのくらい詳細に書かれているかもチェックする必要があります。

大雑把にまとめて書かれていると、「信頼できるのかな?」と不安になりますよね。

見積りの分かりやすさ、丁寧な説明があるかなどは、そのまま会社の姿勢がにじみ出ます。

不明点などの説明や、親身になって相談に乗ってくれるかどうかも、信頼性を見極めるポイントです。

トイレリフォーム業者の選び方のまとめ

トイレのリフォームは信頼でき、長く付き合える業者に頼みたいですよね。

ご紹介したトイレリフォームの業者選びの6つのポイントは以下のとおりです。

トイレリフォーム業者の選び方のまとめ

  1. 相場を知っておく
  2. 実績や業績をチェックする
  3. 専門知識があるかチェックする
  4. アフターメンテナンスが充実しているかチェックする
  5. 実際のスタッフをチェックする
  6. 見積りは分かりやすいかチェックする

 

6つのポイントを抑えて、本当に親身になって考えてくれる業者さんを選び、快適なリフォームをしてくださいね。

-トイレのリフォーム

© 2020 Renote