トイレの寿命はどれくらい?具体的な故障の場所を調べてみました


日頃当たり前のように使っているトイレですが、家の様々な場所と同じように、トイレも老朽化して故障します。
「じゃあ、トイレの寿命年数って何年くらい?どのへんが故障しやすいの?」という疑問が浮かんできますよね。
この記事では、トイレの耐久性などについて分からないことをまとめてみました。

トイレをまだリフォームしたことがない人は、必見ですよ。

トイレの寿命は7〜10年


トイレの寿命は、一般的に7〜10年と言われています。
トイレというと思い浮かべるのは外側の陶器の部分です。でも、考えてみるとトイレの設備自体は水を流す排水管・水を貯めておくタンク・パッキン・便器などによって成り立っていますよね。
それぞれ素材が異なるため、寿命年数も異なります。

便器の寿命

陶器でできた便器は基本的に丈夫です。ですので、何かをぶつけて割ったりしない限り長持ちします。
ただし、プラスチックが使われることが多い便座部分は、ヒビが割れることがあります。
プラスチックの便座の寿命は使う頻度にもよりますが、およそ10〜20年です。

便座が割れると怪我をするなど大変危険なので、日頃から掃除のついでなどに点検し、少しでもヒビが入っていたら取り替えましょう。

タンクの寿命

表に見えていないタンク内ですが、水を貯めたり流したりする構造には、プラスチックやシリコン・ゴムなどが使われています。
その寿命はおよそ10年。タンク内の構造が壊れると、水が止まらなくなったり、逆に出なくなったりします。
水を流しっぱなしにすると水の消費量もかさむので、10年過ぎたらそろそろ買い替え時と覚えておきましょう。

排水管

意外と多いのが、排水管です。特にマンションなどは、長年住んでいると気づかないうちに老朽化していることがあります。
なぜなら、共有部分は点検業者が入っても、壁や床に埋め込まれた見えない部分の排水管はなかなか点検しないからです。

水道管から水が漏れているのがみつかったら、排水管の老朽化を疑ったほうがいいかもしれません。

トイレリフォームをするメリットとは


トイレは故障がみつかってから慌ててリフォームを考えるという人も少なくありません。
でも、新しいトイレは日々進化しているので、リフォームすると良いこともたくさんあります。

デザインがスタイリッシュ

まずは、デザインがスタイリッシュになっていること。流線型の綺麗なフォルムは、トイレの快適化にも一役買ってくれますよ。

掃除しやすい加工

見かけだけでなく、縁がなく掃除しやすくなっていたり、便器の内側の表面に特殊加工が施されて、汚れにくくなっているものもあります。

タンク表面の加工

以前はタンクの裏は素焼きのままで結露に悩むご家庭もありましたが、現在では背面にも塗料が塗られているので、壁にカビが生える心配も少なくなりました。

節水できる

最近では節水型が主流で、1回につき10リットルあたりも水量を抑えることができるようになっています。
トイレは家族全員が必ず使うものなので、新しい便器に変えると水道費もかなりお得になりますね。

トイレの寿命のまとめ

トイレは故障していないと、リフォームをするタイミングがなかなか見つけにくいかもしれません。
でも、10年を過ぎたら目に見えない部分の排水管やタンク内などが経年劣化によって老朽化しています。
トイレは毎日頻繁に使うもの。故障してからではあたふたしてしまいますよね。
故障していなくても、新しいトイレに変えると気持ちも一新してお掃除も楽しくなるかも知れません。
リフォームする場合、信頼のできるリフォーム会社や業者さんに頼みましょう。

トイレ業者の選び方については、以下の記事で詳しく説明しています。中には悪質な業者もいるので、失敗しないためにもぜひお読みください。

トイレ業者の選び方6つのポイント