トイレに独立した手洗いを設置するときの注意点と費用


「トイレに独立した手洗いを設置したい」
この記事では、そうお考えの方に読んでいただきたいことをまとめました。

よくあるタンクの上についている手洗いの場合、以下のようなデメリットがあります。

  • 用を足したあと後ろを向く必要がある
  • 身体を伸ばさなくてはならない
  • タンクとタオルかけが離れている場合床が濡れる

また、リフォームしてタンクなしのトイレにする際には、独立した手洗いはぜひ欲しいですよね。

今回は、トイレに手洗いを設置する費用の相場や注意点などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

手洗器を設置する際の相場

トイレの手洗器を設置するとき、2つの場合が考えられます。ひとつは元々あった手洗器をリフォームする場合、もうひとつは新たに手洗器を作る場合です。

前者の場合は機器を取り替えるのみで済みますが、後者の場合は排水管など見えない部分の工事も必要になります。

また、手洗器のタイプも、次の3タイプがあります。

  • シンプルな手洗い鉢のみ
  • ちょっとした物が置けるカウンターつき
  • 収納キャビネットつき

では、これらを踏まえた上で、手洗器設置のリフォームの相場を見てみましょう。

トイレの手洗器設置のリフォーム相場

手洗いのタイプ費用の相場
機器を交換するシンプルタイプ8万円前後
カウンタータイプ10万円前後
キャビネットタイプ12万円前後
新規設置シンプルタイプ13万円前後
カウンタータイプ15万円前後
キャビネットタイプ18万円前後

なお、機器を交換する場合は同じ場所で、機器のみを交換する想定です。

また、近年では「一体型手洗い」が登場しています。一体型は、トイレの排水と手洗いの排水を共有できるものですが、便器の取り替えや排水管などの大掛かりな工事が必要なため、費用も50万円前後と高くなります。

トイレの手洗器リフォームをする際の注意点

手洗器の設置を考える際に注意しなければならないのが、ドアや人の動きです。特に内開きのドアの場合には、手洗器を設置することでドアが開かなくなってしまうなどに気をつけなければなりません。

外開きの場合でも、ドアのすぐ近くに設置すると入り口が狭くなってしまう場合があります。

また、便器から立ち上がる時に体の邪魔にならないかなども想定する必要があります。

手洗器リフォームは自分に合った業者を選ぶ

狭いトイレの中で、手洗器はトイレの雰囲気を大きく変える重要なポイント。
業者によって得意なことが違うので、自分に合った業者を選ぶことが、思い通りのトイレを実現する大事な要素です。

デザインはシンプルでもいいからとにかく費用を抑えたいという人は、地元の工務店に相談してみましょう。デザインやプランをじっくり決めたいという人には、中堅リフォーム会社がおすすめ。

名のある有名メーカーに頼むのがやっぱり安心という人は、大手リフォーム会社に依頼すると良いでしょう。

デザインに凝りたい人や、じっくりとプランを練りたい人は中堅リフォーム会社や大手リフォーム会社がおすすめですが、費用を抑えたいなら地元の工務店に頼むのが良いですよ。

地元の工務店なら、カタログからメーカーの既成品を選んで交換するだけでシンプルですし、日がたってから何か不具合があったときも頼みやすいからです。

トイレの手洗器リフォームのまとめ

トイレは毎日使うものであると同時に、お客さまの目につきやすい場所でもあります。できればおしゃれで清潔感のあるトイレにしておきたいものです。

また、自宅で教室や開業医などをしている人は、複数の人が使うので使いやすいものに替えたいという思いもありますよね。

ご紹介した費用相場や時間、注意点などを参考に、ぜひ素敵な手洗器のリフォームをしてくださいね。

トイレ業者の選び方6つのポイント