トイレの増設リフォーム!場所やかかる費用と時間をご紹介

「子ども夫婦と同居することになり、2階にもトイレを作りたい」
「家族が増えてトイレがいつも混む!」
「寝室からトイレが遠いので夜行くときにつらい」

上記のようなお悩みを解決するために、トイレの増設を考える人が多いと思います。

トイレを増設すると生活を快適にできますが、費用や工事にかかる時間などが気になりますよね。

そこで、トイレを増設する際の費用相場やかかる時間などをまとめました。実際に増設を始める際の参考に、ぜひお役立てください。

トイレ増設をする場所を決める

トイレの増設をどこにするかは悩ましいところですね。トイレの場所は一般的に0.4〜0.5坪以上と言われているので、この広さが確保できれば増設ができます。ただ、人の動線や悩みを解消する場合には、ある程度範囲が狭まります。

では、トイレを増設できる場所を、パターン別にご紹介しましょう。

すでにあるスペースに増設する

家の中のすでにあるスペースを利用して増設する場合です。押し入れや床の間、納戸、廊下や階段の下などに作る場合が多いようです。

場合によっては、ベランダの一部や勝手口などをトイレにすることもあります。

新たにスペースを増築する

既にあるスペース以外に建物を増築するケースです。新たにスペースを増築する場合で多いのが、2階にもトイレを作る場合です。

水道管の関係で、通常は1階のトイレの真上に増築することになりますが、外から見た時に張り出してしまうこともあります。

増築する場合には、機能面だけでなく外観も頭において、慎重に場所を選びましょう。

トイレ増設の費用相場

トイレの増設にかかる費用は50万〜100万円と幅広いです。その理由はトイレ機器のグレードや排水管の関係等によるからです。

トイレ機器の価格

まずトイレ機器に関してですが、トイレ自体の費用はおよそ10〜50万円程度です。ベーシックなタンク式なら10万円くらいからありますが、スタイリッシュで多機能なタンクレスなどは価格が高くなる傾向にあります。

ですが、本体価格が50万円でも、節水型を選べば水道代は安くなるなどのメリットもありますよね。

また、トイレ機器の他に、設置費用などの工事費用がかかります。

工事費用

次に工事費用ですが、25〜50万円くらいと見ておくと良いでしょう。工事内容は以下の内容になります(価格は例です)。

トイレ設置費用約10万円
給排水管工事約5万円
壁や床材約8万円
壁や床の穴あけ約5万円
照明取り付け約5万円
電気配線約3万円
廃材処理約3万円

設置する場所によって価格が左右されます。すでにある排水管を延長するだけなら、それほどはかかりません。ですが、新たな場所に作る場合は、水道管を引かなければならないので費用がかかります。

また、タンクレスのタイプはタンクがあるものと比べて10cmほど奥行きが小さくなります。費用だけでなくスペースに合うサイズなど、総合的に見て検討する必要があります。

トイレ増設にかかる時間

トイレの増設には、およそ5日から一週間程度かかります。特に増築の場合には水回りの工事期間も要するので、あらかじめスケジュールを調整しておいたほうが良いでしょう。

2階に増設する場合の注意

2階にトイレを増設する場合、2つのケースが考えられます。1つは1階トイレの真上に作るケース、もう一つは1階の真上以外の場所に作るケースです。

場所的にニオイが気になる・寝室の隣に作りたいなどの理由がある場合には、1階の真上以外の場所に作ることになりますよね。1階のトイレと別の場所に作る場合には、給排水管を横に延長する必要があるので、工事費用も大きくなります。

また、階下に水漏れしないよう、防水工事が必要な場合もあるので注意しましょう。

トイレ増設リフォームのまとめ

トイレを増設する際には、使いやすさやスペースなど、多角的な面から配慮する必要があります。すでにあるスペースを利用するのか、増築するのかなどをよく考えた上で業者に相談しましょう。

また、トイレ機器の選び方も初期費用を抑えるのか、長い目で見たランニングコスト(水道代)を考えるのかなども考慮して、良いリフォームをしてください。