トイレのドアを交換する際の費用と方法を詳しく解説します

トイレのドアは毎日開け締めするもの。もしかしたら、玄関のドアよりも開閉する回数が多いかも知れません。

そんな使用度の高いドアなので、経年劣化も他のドアより早いのが一般的です。鍵がかけにくい・ドアが閉まりにくいなどの不具合があったら、ドアを交換するタイミングです。

今回はドア交換の際にかかる費用や、費用をかけずに自分で生まれ変わらせる方法などをご紹介します。

トイレのドア交換の費用

トイレのドアを交換する前に、考えなければならないのがトイレのドアだけを交換するのか、それとも枠ごと交換するのかということです。

トイレのドアだけを交換するなら、費用はドアの価格と交換工事だけなのでさほどかかりません。ですが、枠ごと交換するとなると、トイレ入口周辺の壁の工事も含まれるため、値段が高くなります。

  • ドアだけ交換する場合:4〜10万円程度
  • 枠も一緒に交換する場合:9〜18万円程度

ドアだけ交換する場合、既存のドアの撤去費・新しいドアの費用・取付け費用・諸経費などがかかりますが、金額を大きく左右するのはドア自体の価格です。ちなみに、ドアはグレードによって1〜7万円くらいまでと様々です。

枠を一緒に交換するときの費用詳細

ドア枠を一緒に交換するのは、ドア枠の破損の場合などもありますが、新しいドアとデザインが著しく異なり、枠だけが浮いてしまうなどの理由からです。

枠を交換する場合には、古い枠を撤去する・周辺の壁紙を変えるなどが必要になります。

枠を一緒に交換する際の費用例

既存建具の撤去10,000円
新しい枠とドア40,000円
出入り口の枠造作費10,000円
壁の下地処理やクロス張り15,000円
建具取付費12,000円
諸経費15,000円

車椅子用に入り口を広げたい・引き戸にするなどの場合にはより高くなります。

トイレのドアをDIYで生まれ変わらせる!

トイレのドア交換の費用を自分で抑えよう・楽しみながら自分でやってみようという人は、DIYに挑戦してみましょう。

トイレのドアを生まれ変わらせるには、「自分で塗装する」「面材を張り替える」の2つの方法があります。

失敗せずに自分で塗装する方法

自分で塗装する場合、塗料をいきなり買うとイメージと違って失敗してしまう場合があるので、まずはカラーサンプルなどで周囲に当ててみるのがおすすめです。

色が決まったら、いよいよ塗っていきましょう。まずは固く絞った雑巾などで拭き、乾いたらトイレのドアにサンドペーパーをかけて凸凹をなくします。

周囲の壁などにペンキがつかないようテープや新聞紙などで養生したら、プライマー(下地塗料)・ペンキの順で塗装していきます。トイレのドアを外して塗ると、キレイに濡れますよ。費用の目安は2〜3万円ほどです。

失敗せずに面材を張り替える方法

面材とはドアの表面に貼る素材のこと。無地のシンプルなものから木目調など、様々な物が売っていますよ。自分で切り貼りできるので、模様があるものはうまく調整して貼ってみてください。

壁紙専門の通販ショップなどにはシール状のもあるので、色々と探してみてはいかがでしょうか。費用目安は2〜3万円ほどです。

トイレのドア交換を安く抑える裏技

トイレのドアはやはり交換したい、という場合の裏技として、枠だけ後から自分で塗るという方法があります。これなら枠だけ周囲の雰囲気から浮くこともなく、思い通りのトイレの入口が完成しますよ。

トイレのドア交換リフォームのまとめ

トイレのドア交換は、ドアの価格・枠も交換するかどうかで費用差が生まれます。工務店などとよく相談して検討しましょう。

また、高齢者がいる場合、外からでも鍵を空けられる仕様のドアがおすすめです。中で人が倒れて外から空けることを考慮し、コインで鍵を解除できるなどの仕様です。

トイレのドアは意外と1日のうちでよく見るもの。予算と相談しながら素敵なドアにしてくださいね。