リフォームノート 浴室・洗面所のリフォーム

システムバスの選び方を徹底解説! サイズから機能まで

お風呂のリフォームを考える時、お手入れが簡単で見た目も美しいシステムバスにする人が増えています。

ただ、システムバスと言っても、メーカーや商品によって機能が異なり、迷ってしまうことも。

そこで、今回はシステムバスの選び方を分かりやすく説明します。これを読めば、システムバスをどう選べばいいかが分かりますよ。

まずは浴室サイズを把握する

システムバスは、工場で壁や天井・床などを組み立てた浴室セットのようなイメージです。

従来の戸建ての浴室は壁と天井・床がそれぞれ独立したものでしたが、現在の新築のほとんどはシステムバスになっています。

システムバスは規格サイズが決まっているので、従来の浴室からシステムバスに変更する際には、まず自宅の浴室サイズを知る必要があります。

戸建てのシステムバスサイズ

高さ×幅×奥行き(cm) サイズ
2150×1600×2400 1.5 1624
2150×1600×2050 1.25 1621
2150×1600×1600 1.0 1616
2150×1650×1650 1.0 1717
2150×1300×1650 0.75 1317
2150×1200×1650 0.75 1217
2150×1150×1600 0.75 1216
2150×1800×1800 1818
2150×1600×1800 1618

 

マンションのシステムバスサイズ

高さ×幅×奥行き(cm) サイズ
2000×1400×1800 1.0 1480
2000×1300×1700 0.75 1317
2000×1300×1600 0.75 1316
2000×1200×1800 0.75 1218
2000×1200×1600 0.75 1216
2000×1100×1600 0.75 1116

戸建てでも鉄骨や鉄筋構造は、マンション用のシステムバスのサイズが適用される場合があるのでご注意ください。

 

目的を明確にする

システムバスには様々な機能の商品があり、ウリにしている特徴も異なります。どんな目的でシステムバスにリフォームするのかを明確にすると、選ぶ際にも自ずと優先順位が決まってきます。

家事をしやすくする

家事をしやすくする機能は、以下のようなものです。

  • 浴室乾燥機能
  • 浴室洗浄機能
  • 残り湯利用機能

浴室乾燥機能はカビの発生を抑えるほか、一年を通して洗濯物を乾燥でき、温風や涼風で入浴時も快適に過ごせます。

また、床や壁の素材も凹凸の少ないものならお手入れがしやすくなります。

浴室洗浄機能は、自動で浴槽や床を洗浄してくれる嬉しい機能です。お風呂洗いの時間を大幅に短縮でき、他のことに時間を使えます。

癒しを求める

癒しを与えてくれる機能としては、以下のようなものがあります。

  • ミストサウナ
  • 多機能シャワー
  • 肩湯・打たせ湯機能
  • サウンドシステム
  • 浴室テレビ

お風呂タイムをたっぷりと楽しみたい人のための機能が充実し、1日の疲れをゆったりと癒やしてくれる空間づくりができます。

 

高齢者などの介護用

入浴介助が必要な人のためのシステムバスもあります。

  • 滑りにくい床
  • リフト対応浴槽
  • 手すり
  • 移乗台
  • 長めのシャワーホース
  • 弾力性と温感性のある床
    など

従来の介護用設備に加え、最近では転倒防止用の床や浴室内外の気温差によるヒートショックを防ぐ温かい感触の床などが人気です。

 

メーカーで選ぶ

システムバスのメーカーは、国内だけでも10社以上あります。それぞれ様々な特徴がありますが、ここでは代表的な3社をご紹介します。

TOTO

まずは、水回りの設備機器で有名なTOTOです。TOTOは、システムバスの工法を初めて考案した企業としても知られています。

魔法びん浴槽
浴槽とフタに断熱構造を取り入れた構造の浴槽です。寒い時期でもお湯が冷めにくいので節約にもつながります。

ほっカラリ床
断熱性と乾きやすさが特徴です。冬場の1番風呂でも足元の寒さを感じさせません。

サンジュウマル コンフォートウェーブシャワー
水の勢いはそのままに、節水できるシャワーです。約35%も節水しながら、特殊な水流で適度な刺激をもたらしてくれます。

床ワイパー洗浄
スイッチひとつで洗浄&除菌仕上げをしてくれる機能です。

 

Panasonic

Panasonicの特徴は、女性を意識した機能が充実していることです。

ラクテク
家事をラクにするテクノロジーと称し、汚れや傷に強い素材「スゴピカ」を採用しています。

あったかバブル
酸素を含んだきめ細やかな泡が肌を包み、ぬるま湯でも体を芯から温めてくれます。

保温浴槽Ⅱ
入浴時間がバラバラでも温かさを保つ浴槽です。保温力に優れているため光熱費の節約にもなり、通常の浴槽と比べて年間約4500円もオトクです。

1/fゆらぎ・ナノイー搭載カビシャット暖房換気乾燥機
スイッチひとつで入浴中の頭や顔に自然風のような風が送られ、快適に入浴できます。

その他、浴槽内に幻想的な明かりが灯る「水盤LED照明」や浴室で音楽を楽しめる「シーリングバスオーディオ」などがあります。

 

LIXIL

LIXILのシステムバスにはシリーズで特徴が異なります。

スパージュ(戸建て用・マンション用)
肩湯や打たせ湯・オーバーヘッドシャワーなどマッサージ効果やリフレッシュ効果のある新しい機能が満載です。

リノビオV(マンションなど集合住宅用)
人工大理石の上質で落ち着いたムードの壁や、使いやすいユニバーサルデザインなど、空間を楽しみかつお手入れが簡単なデザインを重視しています。

その他のメーカーなどについてもっと詳しく知りたい方は、以下のページにまとめていますので、ご覧ください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=systembath2019]

システムバスの選びかたのまとめ

システムバスにリフォームする際には、まずサイズを確認し、次に目的を明確にすることで商品を選びやすくなります。

目的は、家事をしやすくするのか、癒しを求めるのか、介護用なのかなどです。

メーカーは多種多様ですが、今回は主要メーカーであるTOTO・Panasonic・LIXILの3メーカーの特徴をご紹介しました。

ですが、それぞれのシステムバスの魅力はまだまだ伝えきれません。より詳しく知りたいという人は、以下のページもお読みください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=systembath2019]

-リフォームノート, 浴室・洗面所のリフォーム
-

© 2020 Renote