タウン情報

岡山県のオススメお花見スポット5選

2019年3月11日


ようやく暖かくなってきました。
そろそろお花見の季節到来ですが、今年の行き先はもう決まりましたか。
まだ思案中という方のために、編集部厳選のお花見スポット(岡山編)をご紹介しましょう。

第1位 津山鶴山公園(つやまかくざんこうえん)<津山市>


日本の「さくら名所100選」に選ばれるほど、文句なしの第1位!
当時のまま現存している10m超えの石垣と、津山城を包み込むように植えられた約1000本の桜は圧巻です。
おススメは夜桜。本丸から眼下に広がるライトアップされた桜の絨毯は、幻想的でファンタスティック!
開花に合わせて行われる「津山さくらまつり」は、お笑いライブや忍者迷路、着物で城歩き体験、夜桜列車など様々なイベントが目白押しで、家族で楽しめます。
そして今年の春、御朱印ならぬ「御城印」が登場!
岡山ではここだけなので、ブームになること間違いなしですね。
1枚300円。備中櫓受付で販売中。

2019 津山さくらまつり
3/29(金)〜4/14(日) 7:30〜22:00
岡山県津山市山下135
問合せ:(公社)津山市観光協会
0868-22-3310

 

第2位 旭川さくら道(あさひがわさくらみち)<岡山市北区>


岡山で「お花見」と言えば「旭川沿いのさくら道」。
気軽に行ける定番の人気スポットです。
岡山市内を流れる旭川の蓬莱橋から相生橋までの約1.3kmに、ずらりとソメイヨシノが並び、それと平行するように屋台が立ち並びます。
市街地にありながら、後楽園と岡山城が見えてお花見も楽しめる、贅沢な場所です。
「さくらカーニバル」期間中はライトアップもあるので、会社帰りにも楽しめますね。
新入社員の初めての仕事が花見の場所取りだった、というのは、岡山あるあるネタです。

2019岡山さくらカーニバル
岡山市旭川河川敷(蓬莱橋〜相生橋)
3/29(金)〜4/7(日)10:00〜21:00(予定)
問合せ:岡山さくらカーニバル実行委員会事務局
086-803-8015

 

第3位 醍醐桜(だいござくら)<真庭市>


後醍醐天皇が隠岐に流された時、この桜を見て賞賛したと言われるのが名前の由来。
推定樹齢なんと1000年のヒガンザクラで、長年の風雪に耐え、小高い丘に1本だけそびえ立つ姿に圧倒されます。
樹高18m、幹周り7m、根本周囲9.2m、枝張りは南北20mの巨木は「日本名木100選」にも選ばれた、県の天然記念物。
のどかな田舎にあるので、「レジャーシート広げて宴会」は無理ですが、凛としたたたずまいは、一度は見ておきたいものです。
見頃は4月上旬から中旬と、少し遅めなので、花見の「締め」にいかがでしょうか。

真庭市別所2277番地
問合せ:真庭市落合支局 総務振興課 0867-52-1111

 

第4位 酒津公園(さかづこうえん)<倉敷市>


酒津公園は、高梁川改修事業として「水と桜」をテーマに作られた総合公園。
大きな配水池やシンボルとなっている水門、風情のある用水路、公園を流れる水路など、水と桜にたっぷり癒されます。
遊具広場もあるので、小さい子どもにも人気。
イオンモール倉敷からも近いので、お買い物のついでに寄れそう。
「疏水百選」に認定されています。

倉敷市酒津1556
酒津公園管理事務所
086-434-2251

 

第5位 がいせん桜 <真庭郡新庄村>


旧出雲街道宿場町の両側に植えられた、樹齢100年を超える古木を含む132本の桜のアーケード。本陣跡が残る風情ある町並みは、今も当時の面影を残しています。
通りの両側にはさらさら流れる水路があり、その音色は「日本の音風景100選」「日本のかおり風景100選」に選定。
4/6には、クラシックカーラリー「ベッキオ・バンビーノ」が開催され、往年の名車が桜に映え、見逃せないイベントとなっています。

真庭郡新庄村がいせん桜通り
新庄村役場 0867-56-2626

-タウン情報
-, ,

© 2020 Renote