キッチンのリフォーム

キッチンのリフォームにかかる期間と工事期間を延ばさない3つのポイント

「キッチンのリフォームをしたいけれど、実際何日くらいかかるの?」
「キッチンをリフォームしている間の食事はどうしよう…」

キッチンのリフォームは、その規模によってかかる日数が変わります。

家の中の一部分なので、住みながらリフォームすることになりますが、数日なら外食やお弁当でしのげても、数週間となると難しいですよね。

そこで、ここではキッチンのリフォームの規模とかかる期間についてご紹介します。

この記事を最後まで読むと、やりたいリフォームにかかる工事期間が分かりますよ。

キッチンのみを取り替える場合の工事期間

単純にキッチンそのものだけを交換したいという場合は、工事は比較的短時間で終わります。

キッチンのみのリフォーム工程例:2〜3日

作業内容 工程の目安
養生・古いキッチンの解体・撤去  1日目
新しいキッチンの取付け・配管など 2〜3日目

キッチンの大きさや場所を変えなければ作業内容はキッチン単体となります。

1日目は養生や解体・撤去となり、2〜3日で新しいキッチンを搬入・取り付けをした後、電気や配管工事を行って終了です。

 

壁や床などキッチン周辺もリフォームする場合の工事期間

長年使用すると壁や床、換気扇の汚れや傷みが出てきます。リフォームの際に壁や床の張替えや換気扇の交換なども含めると、かかる期間はもう少し長くなります。

キッチン周辺を含むリフォーム工程例:1週間〜10日

作業内容 工程の目安
養生・古いキッチンの解体・撤去 1日目
古い換気扇などの撤去・養生 2日目
新しいキッチンの取付け・配管など 3〜4日目
壁の張替え 5日目
床の張替え 6日目
電気工事・配管工事 7日目

工事が週末にまたがり業者さんの休みが入る場合、10日ほどかかる場合があります。

 

キッチンのレイアウトを変更する場合の工事期間

キッチンの場所を変える場合や、壁面に設置していたキッチンをアイランドキッチンにするなど、レイアウトの変更をする場合は更に期間が長くなります。

キッチンのレイアウトを変更するリフォーム工程例:2週間〜1ヶ月

作業内容 かかる期間の目安
養生・古いキッチンの解体・撤去 1日目
床や壁の解体・電気、配管工事 2日目
配管工事 3〜4日目
床の張替え 5日目
床の張替え 6日目
休み 7日目
休み 8日目
壁の張替え 9日目
壁の張替え 10日目
新しいキッチンの取付け・配管など 11日目
電気工事・配管工事 12日目

この他予備日などがある場合や、間仕切りの変更などが必要な場合には、1ヶ月程度の期間がかかります。

 

キッチンのリフォーム期間を延ばさない3つのポイント

工事期間はできるだけ予定通りに終わらせたいですよね。工事が長引かないように、以下のことに注意するのがポイントです。

  1. 天候の変化が少ない時期を選ぶ
  2. 工事は月曜からがベスト
  3. 工程表は必ずもらう

1.天候の変化が少ない時期を選ぶ

天候が悪いと工事が長引くことがあります。台風や雨や雪の多い季節はできるだけ避け、天候の変化が少ない時期を選びましょう。

2.工事は月曜からがベスト

先述したように、工事が週末にまたがると業者さんの休みが入り、工事期間が長くなることがあります。

1週間以上の工事の場合には、月曜日から始めてもらいましょう。

3.工程表は必ずもらう

工事が短くても、工事前には必ず工程表をもらい、変更があった場合には書き直してもらいましょう。

業者さん任せにせず、自分でも工事の進行具合などを把握しておくことは大切です。

 

キッチンのリフォーム期間を把握して快適に過ごそう

キッチンが新しくなるのはとても嬉しいですが、リフォーム期間中はできるだけストレスなく過ごしたいですよね。

今回ご紹介したのは以下のとおりです。

  • キッチンのみのリフォームは2〜3日
  • キッチン周辺も含むリフォームは1週間〜10日間
  • レイアウトを含むキッチンのリフォームは2週間〜1ヶ月

また、工事期間を延ばさないために、雨天や台風などがない季節を選び、工事前には必ず工程表をもらいましょう。

-キッチンのリフォーム

© 2020 Renote