キッチンのリフォーム

絶対後悔したくない! システムキッチンのコンロの選び方3つのポイントと費用


「システムキッチンのコンロがだいぶ老朽化してきた…コンロだけ交換できるのかな?」
「システムキッチンのコンロの交換ってどれくらいかかるんだろう」

ここではそんなお悩みが解消できる、後悔しないシステムキッチンのコンロの選び方をご紹介します。

この記事を読めば、費用や機能に満足できるコンロを選ぶことができますよ。

1.ガスコンロかIHヒーターかで選ぶ

ガスコンロにするかIHヒーターにするかは、多くの人が迷うべきことです。そこで、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

メリット デメリット
ガスコンロ
  • 火の加減が目視できる
  • 直火で炙れる
  • 機器の価格が安い
  • 火災やガス漏れの危険がある
  • 掃除が面倒
  • キッチンの温度が上がりやすい
IHヒーター
  • 火災やガス漏れの危険が少ない
  • 掃除が簡単で清潔を保ちやすい
  • キッチンの温度が上がりにくい
  • 火の加減を目視できない
  • 使用できる鍋を選ぶ
  • 機器の価格が高い

年配者はガスコンロの方が使い慣れているというメリットがある反面、掃除がしにくい・危険性が高いなどのデメリットがあります。

一方IHヒーターは、お手入れや直火の危険性がない分、使える鍋がまだまだ限られている・火の加減を目視しづらいといったデメリットがあります。

それぞれ長所と短所があるので一概には言えませんが、IHヒーターの方が見た目にはスッキリとし、お手入れも簡単です。

 

2.機能で選ぶ

システムキッチンのコンロはビルトインタイプを選ぶことになりますが、メーカーは従来のものでなくても交換が可能です。

機能はおおまかに、天板・バーナー・グリルの3つのポイントを抑えておきましょう。

1.天板の種類

天板はホーロー・ガラスコート・ガラストップ・ステンレス/アルミなどの種類があります。

ホーロー
鉄板にガラスの釉薬を焼き付けた従来のもので、黒やダークグレーといった色になります。汚れはガラスなどに比べると落ちにくいですが、価格は1番お手頃です。

ガラスコート
ガラスコートはホーロー用の鉄板にガラスをコーティングしたもので、ホーローの強度とガラスの美しさを兼ね備えています。透明感はないものの、カラーが豊富で価格もホーローの次に求めやすいものとなります。

ガラストップ
透明感と光沢があり、最新のビルトインキッチンによく見られるタイプです。カラーも豊富ですが、強度はホーローほどありません。お手入れが簡単で高価格です。

ステンレス/アルミ
ステンレスやアルミは業務用のような堅牢さと美しさがあります。マットで落ち着いたデザインですが、あまり採用している会社はありません。

2.バーナーの種類

現在販売されているバーナーの口数は、ビルトインでは3口が標準です。4つ以上必要な場合は、ハイスペックな商品になります。

また、ガスコンロの場合、火力は左右どちらかが強いタイプと、ダブル高火力&ダブルとろ火のタイプがあります。

最新のビルトインでは後者が標準ですが、片方を強火で片方は弱火にしたい等の場合には左右非対称のタイプが良いでしょう。

その場合、安全性を考えて高火力のバーナーは壁から遠い方に設置することを忘れずに。

3.グリルの種類

グリルは最近では魚だけでなく、オーブン料理やパンを焼くなど様々な用途に使用されるようになり、機能も著しく進化しています。

まず、片面焼きと両面焼きのタイプがあり、最新のビルトインコンロは両面焼きがスタンダードになっています。

また、従来魚を焼くときには水を張っていましたが、最新ビルトインでは水は不要になり、お手入れの手間も格段に良くなりました。

サイズは横幅の狭い21〜23cmのものと25〜26cm幅のワイドタイプがあり、更に引き出し幅が短いものと、食材がすべて見えるフルオープンのタイプがあります。

グリルを多用する方は、グリルの使い勝手もチェックしてみましょう。

 

3.システムキッチンコンロのグレードで選ぶ

システムキッチンのコンロには、グレードがあります。

価格タイプ 機能 価格
低価格帯 基本機能 5〜7万円
中価格帯 付随機能やデザインが豊富 8〜12万円
高価格帯 使い勝手や調理機能が充実のハイスペック 13〜20万円

なお、全ての基本機能には、2008年4月より国から義務付けられている以下の機能が備わっています。

  • 天ぷら油加熱防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • 消し忘れ消火機能
  • 早切れ防止機能

2008年4月以降に製造されたものなら、低価格帯といえども機能的には安全です。

また、費用はリフォーム会社によって50%前後の割引がされている場合があるため、複数のリフォーム会社のホームページなどで調べることをおすすめします。

 

システムキッチンは3つのポイントで失敗しない!

システムキッチンのコンロを交換する場合、選ぶ基準となるポイントは以下の3つです。

  • ガスコンロかIHヒーターかで選ぶ
  • 機能で選ぶ
  • グレードで選ぶ

それぞれのメーカーによって機能やデザインが異なるため、事前にカタログなどを取り寄せて比較するのがおすすめです。

-キッチンのリフォーム
-,

© 2020 Renote