キッチンのリフォーム

レンジフードの寿命と交換のタイミングは? 交換する際の選び方もご紹介

2019年6月24日


「最近なんだか換気扇の効きがよくないな」
「あまり煙を吸ってくれてない気がする」

そんな疑問が頭に浮かんだら、レンジフードを交換するタイミングです。

ガスコンロやキッチン照明の電球などはつかなくなったら交換するのに、レンジフードは意外と気にしていないと思いませんか?

でも、レンジフードも毎日使えば当然経年劣化するので、交換が必要なキッチン設備のひとつです。

ここでは、レンジフードの交換時期やレンジフードの形式・タイプについてご紹介します。レンジフードを取り替える際に、ぜひお役立てください。

 

レンジフードの交換時期は?

レンジフードの寿命は、約10年と言われています。日頃から掃除していても、中のモーターの劣化まではどうすることもできません。

また、途中で異音や換気力が低下して故障したりすれば、10年経たずとも修理や交換が必要です。

そうしたとき、「IHに変えて煙が出ないから、ファンは回さなくてもいいわよね」「窓で換気扇の代用ができるから、故障してても問題ないでしょ」と思う人がいるかもしれません。

しかし、キッチンへの換気設備は法律で定められているため、たとえIHや大きな窓があって換気できたとしても、換気設備は必ず設置する必要があるのです。

レンジフードの選び方

レンジフードを交換する際に、業者に任せっきりにするのはとてももったいないことです。なぜなら、レンジフードは自分で選ぶことができるからです。

業者任せで価格も言い値で済ませるより、自分で納得したものに交換しましょう。

あなたの家はどれ? 換気ファンの形式

自分でレンジフードを選ぶ際、必要なのはまず形式を把握することです。換気ファンは大きく3つの形式があるので、簡単にご説明します。

1.プロペラファン型

従来型の換気扇です。4つのプロペラからなり、取り付けには外壁に面して排気できることが条件です。外へ直接排気するタイプなので一戸建てなどで使用されています。

3つのタイプの中では1番換気量が大きいですが、風が強いと止まってしまうなど、屋外の影響を受けやすいという特徴があります。

また、使用中の騒音もありますが、シンプルな構造なので取り外しがしやすく、価格も安価です。

2.シロッコファン型

筒状に並べられた板の羽を回転させて空気を吸い込む、小型軽量の換気扇です。筒ごと羽を回して吸い込みますが、小型な分、プロペラファン型よりパワーは弱めです。

ファンが直接壁に接していない場所でも、ダクトをつければ設置することができ、屋外の風の影響を受けにくいというメリットがあります。

3.ターボファン型

マンションなどによく見られるタイプで、浅型レンジフードやダクトファンなどに使われます。

風量が大きく効率的に換気でき、音も静かで掃除しやすいですが、IHなどにはここまで大きな風量は必要ないでしょう。

 

レンジフードには4種類の形状がある

次に、フードの形状をご紹介します。形状の種類は大きく4つに分かれます。

1.ブーツ型


(引用:クリナップ公式サイト

ブーツ型は最もスタンダードな形状のレンジフードです。掃除しにくいのが難点ですが、どんなキッチンにも対応できます。

2.スリム型


(引用:クリナップ公式サイト

インテリア性が高く、近年一番人気のあるタイプです。お手入れも簡単でキッチンをスタイリッシュにできます。

3.ファルコン型


(引用:リンナイ公式サイト

フードの形状が曲線になっているレンジフードです。本体が低い位置にあるので、お手入れしやすいのが魅力です。

4.フラット型


(引用:リンナイ公式サイト

本体の見た目が1番コンパクトなタイプです。床から天井までの距離が短い場合などに使われます。

 

レンジフード豆知識

レンジフードには法律で規定のサイズなどがあります。

  • レンジフードの種類は60cm、75cm、90cmの3サイズ。
  • コンロのトップ面からレンジフードまでの高さは80cm以上必要。
  • レンジフードの幅は、コンロトップの外寸より左右プラス15cmが良い。

レンジフードを選ぶ際には上記を覚えておくと良いでしょう。

 

取り付け位置とタイプ

レンジフードは取付ける際のレイアウトも関係します。取り付けタイプは3タイプです。

レンジフードタイプ レイアウト メリット
壁付け型 レンジフードを天井と壁に接着するタイプ。
主にクローズドキッチンに用いられる。
  • 吊戸棚と並列できる
  • 騒音が少ない
  • 天井と壁で支えられるため工事がしやすい
  • 価格が比較的安価に抑えられる
横壁付け型 レンジフードの横部分と天井部分を接着する。
対面式キッチンに用いられる。
  • スリムタイプなどデザイン性に優れたものが多い
  • レンジフードが見えやすい
  • 工事費用は若干高め
天吊型 レンジフードを天井面のみに接着するタイプ。
アイランド型キッチンに用いられる。
  • 横壁付け型よりさらに目立つ
  • 高性能モデルが多く、洗練されたデザイン
  • 工事費用は最も高額で、期間もかかる

 

レンジフード交換のまとめ

レンジフードの寿命は約10年で、交換する際にも形状やタイプが色々あるということをご紹介しました。

換気ファンの形式は、以下の3種類。

  • プロペラファン型
  • シロッコファン型
  • ターボ型

 

レンジフードの形状は、以下の4種類。

  • ブーツ型
  • スリム型
  • ファルコン型
  • フラット型

 

取り付けタイプは以下の3タイプ。

  • 壁付け型
  • 横壁付け型
  • 天吊型

 

また、より詳細なレンジフードの商品や価格などは、「メーカー別おすすめの最新レンジフード! お手入れやデザイン性重視の8製品をご紹介」をご覧下さい。

 

-キッチンのリフォーム
-

© 2020 Renote