キッチンのリフォーム

独立型キッチンとオープンキッチンを徹底比較

2018年7月9日

主婦の憧れで多い独立型キッチンですが、実際に独立型キッチンを使うときのメリットとデメリットを知っておくと、プチリフォームする際に様々なアイデアが浮かびます。

独立型キッチンのメリット


独立型キッチンはリビングと完全に離れているキッチンのことですが、メリットとしてはキッチンの匂いや水周りの音がリビングまで届きにくいことが挙げられます。
お子さんがいるおうちなどは、子どもがテレビに夢中になっているときや、リビングで勉強しているときなどに助かりますよね。

また料理にも集中できるので、料理を作ることが好きな方や、凝った料理を作りたい方にもおすすめです。

子どもの出入りも管理できることや、来客などがあった場合には、キッチンを散らかしていても見られることがないのが、独立キッチンの最大の特徴です。
キッチンを広く贅沢にして、趣味の場を設ける間取りにすることもできますので、自分の部屋などがない主婦の方は、あえてキッチンを大きく作るのもおすすめです。

オープンキッチンとの違いは?


オープンキッチンとは違い、壁が多いので収納スペースの確保にも困りません。
家の中で一番収納に困る空間がキッチンという声もありますので、収納スペースが増えるのは大きいメリットですね。

リビングと空間が一体のオープンキッチンは開放感や家族の顔をすぐに確認できるという利点も挙げられますが、冷蔵庫や収納棚などの配置に悩みます。
リビングとキッチンで空間が分けられていないことで、理想のリビングのコーディネートを作りにくくなります。

独立キッチンなら一つの空間に全て収まるので、部屋全体がすっきりとした配置になります。
またオーブンキッチンは子どもがキッチンに近づきやすい環境にあるため、油や火などを使っている際は危険です。
一方、独立キッチンは子どもの様子が見えないため、小さいお子さんがいる家庭や、これから子どもを授かりたいと思っている方には不向きです。

独立型キッチンのデメリット

また独立型キッチンは、ある意味一つの部屋になっていますので、圧迫感を感じる方も少なくありません。
キッチンは窓を設けていない間取りもありますので、暗く感じたり狭く感じることがあります。料理中に一人の空間を楽しめる方にはピッタリですが、料理中にも家族とコミニュケーションを取りたい方は少し寂しくなってしまうという意見もあります。

最近の人気な独立型キッチンのレイアウトとして、少し値は張りますが、リビングとの境目の壁をガラスにして料理中でも家族の姿が見えるタイプもありますので、小さいお子さんがいる家庭でも独立型キッチンの魅力が存分に伝わる作りになっています。

編集部おすすめのリフォーム会社紹介サイト

ホームプロ|利用者数No.1の紹介サイト 

匿名のままで、希望の内容・地域に対応可能なリフォーム会社を複数紹介(無料)。
加盟リフォーム会社は現在約1200社。日本全国で利用できます。
すでに70万人以上が利用する住宅リフォームポータルサイトランキング10年連続利用者数 No.1の紹介サイトです。
運営は、株式会社リクルートが100%出資する「株式会社ホームプロ」だから安心です。

リノコ|「安心コミコミ価格」で全国にリフォームを提供

商品代・標準的な工事費等の必要な標準的な全ての費用が含まれた「安心コミコミ価格」で全国でリフォームを提供するサービス。
徹底的にムダを省いてコスト削減し、不要な中間業者を排除することで低価格を実現。
「価格のわかりやすさ」「価格の安心感」「商品掲載数」「情報量」「サイトの使いやすさ」に定評があります。

タウンライフリフォーム|利用はすべて無料!

全国300社以上のリフォーム会社が要望や希望に基づいて、リフォーム費用の見積り、リフォームのアドバイスを無料で提案。
ネットで簡単に、複数のリフォーム会社にオリジナルの「リフォームプラン」を依頼することができます。
《メリット》
●気に入ったリフォーム会社を選べる!
●複数社のプランを比較・検討できる!
●利用はすべて無料!

-キッチンのリフォーム
-

© 2021 Renote