その咳「内部結露」が原因かも!? 目に見えない内部結露とは


結露とは、冬に窓やサッシなどに水滴がついてしまうことですね。しかし、「内部結露」はまた別物です。この「内部結露」はとても厄介で、目に見えない場所に発生し、家や私たちの健康を脅かすのです。ここでは「内部結露」について詳しくご説明します。

「内部結露」とは

内部結露とは、壁の内部や天井裏、床下などに発生する結露のことです。昔の木造建築では隙間があったため、家の中の湿気は外に逃げ、また外からの隙間風で自然に乾燥して、内部結露などは問題になっていませんでした。しかし、建築業界で高気密・高断熱住宅が主流となってから、内部結露は深刻化するようになりました。高断熱とは、内壁と外壁の間に断熱材を入れるという施工を指します。

室内で温められた空気の中には生活で発生した水分も混ざっています。水分は、温かめられている時は水蒸気でも、冷えると水になるという特性を持っていますね。室内でもっとも温度が低いのは、外側に面した窓です。そのため窓は結露しますが、実は室内の水蒸気は壁を通して断熱材の中にも侵入します。しかし、断熱材には外への通気口がないため、行き場を失った水蒸気は外壁の近くで冷やされ、水分が溜まってしまうのです。これが、内部結露が発生するしくみです。

建築業界では内部結露を防ぐために、防湿フィルムや通気層などを設けました。しかし、壁の中には配線や配管など、断熱材を妨げるものがたくさんあります。しかも、わずか2センチの小さな孔でも、孔がまったくない場合よりも湿気が10倍通過してしまうことが分かっています。つまり、施工の段階で防湿対策をしていても、よほど注意していないとわずかな隙間ができ、そこから内部結露が発生してしまうのです。

内部結露の危険性とは

内部結露は私たちに以下のような危険をもたらします。

カビやダニを発生させる

いくら毎日家の中の結露を除去していても、壁の内部に湿気があるとカビが発生してしまいます。カビの胞子は空気中にまぎれて室内に入ります。また、カビが繁殖すると、カビをエサにしているダニも繁殖してしまいます。カビやダニは、咳喘息などの深刻なアレルギー症状を引き起こします。

家の耐久性を下げる

壁の内部にカビが発生すると、断熱材や木材などの建材を腐らせます。家の構造が腐ってしまうと家の耐久性が下がり、家自体の老朽化につながります。

内部結露を予防するには

内部結露を予防するには、もちろん家の構造から見直すことがベストですが、予算と期間をかけずにどうにかしたい場合は、以下の方法がおすすめです。

換気して湿度コントロールをする

内部結露を改善するには、湿気を溜めないことが重要です。頻繁に換気して室内の湿気を逃し、湿度をコントロールしましょう。掃除の後にしばらく窓を開けておく、除湿機を使う、エアコンのドライ機能を使うなどがおすすめです。ただし、除湿機やエアコンにはカビが発生しやすいため、頻繁にお手入れするのも忘れずに。

DIYで湿度コントロールをする

DIYでできる湿度コントロールは、防湿シートと調湿機能がついた壁紙やボードなどを用いることです。防湿シートは地面に近い場所に設置するもので、一番良いのは地面に直接敷くことですが、床下や畳の下に敷くのも効果的です。

また、最近では湿気を調整する付加機能がついた壁紙やタイル、ボード、塗料などが販売されています。珪藻土や竹炭などの多孔成分が使われていて、湿気を吸収したり放出したりして調質してくれます。

リフォームで湿度コントロールをする

自分でするのはちょっと難しいという場合は、リフォーム会社に頼むのもひつつの方法です。一番良いのは外張り断熱ですが、コストも時間もかかるため、調湿機能がついた壁材などを貼ってもらうのがおすすめです。

内部結露のまとめ

内部結露は目に見えないだけに、いつのまにかジワジワと侵食してきます。内部結露を放置しておくと、私たちの健康や家までも脅かされてしまいます。内部結露は湿気のコントロールがなにより大切なので、内部結露を防ぐには、「換気を心がける」「.DIYで調湿素材を使う」「調湿のリフォームをする」の3つの方法がおすすめです。内部結露を防いで健康と家の寿命を守りましょう。