キッチンのリフォーム

【ガスコンロ】ビルトインって交換できるの? ガスコンロ交換の体験談

2018年11月9日

マンションのガスコンロは、大抵がビルトインです。システムキッチンなので、交換は出来ないんじゃないかと思っている方もいるかもしれませんが、実はビルトインのガスコンロも、交換は可能です。

ただし、はじめて交換するときは「どこに頼めばいいの?」「お値段は?」など、わからないことばかり。

そこで今回は、マンションのガスコンロ交換の体験談を公開します!

あれ! ガスの火がつかない…


ガスは、水道、電気と並ぶ大切なライフラインです。突然当たり前に使えていたライフラインが使えなくなることほど、困ることはありませんよね。

筆者もある日突然、ガスの火がつかなくなってとても焦りました。それこそ、これからお肉を焼こうと下準備をし終わってのことだったので、忙しい夕食の支度の時間、ほとんどパニック状態です。

何をやっても火がつかないとわかり、その日は下準備していたものを冷凍し、近くのスーパーで売れ残りのお惣菜を買ってしのぎました。

ガスコンロの火がつかないときに点検する箇所


翌日、インターネットで「ガス つかない」と検索すると、いくつか点検箇所が書いてあったので、すぐに点検してみました。実際に行った点検は以下のとおりです。

  1. 元栓が締まっていないか
  2. ガスのコードは外れていないか
  3. 五徳の位置がずれていないか

どれも、点検しても異常ありませんでした。

ガスのトラブルはどこに連絡すればいいの?


ガスのトラブルは、通常なら地域のガス会社に連絡すればいいのですが、ガス湯沸かし器は使えていたので、ガスの問題ではないと思いました。

じゃあ、どこに連絡すればいいのかな?

迷った挙げ句、ふと目に入ったガスコンロの端に刻まれた「リンナイ」の文字。そうか、ガス機器の会社に連絡すればいいのか! と思いたち、急いで近くのガス機器取扱い営業所をインターネットで探し、連絡しました。

[sitecard subtitle=関連記事 url= https://renote.info/rinnai/]

原因はなんと「電池切れ」!


翌日、すぐに修理の方が来てくれました。色々見ていただいた結果、なんと「電池切れ」だったことが分かりました!

ガスコンロはガスのみで動くとばかり思っていたので、まさか電池切れとは思いもよりませんでした。

電池が入る場所は、魚焼きグリルの下方左横についていて、フタを開けると単1電池が2つ入るようになっています。これを交換すればいいだけのことで、かなり拍子抜けしました。

ビルトインでもガス台だけを交換できる


ただ、見ていただくと機器自体20年も使っていたのでかなり古く、替え時ではあるということ。古いガス機器は、使い続けると破損の危険もあって危険なのだそう。

ここではじめてビルトインのガス台でも、交換できるのだと知りました。ガスコンロのお値段も3万円台からあり、工事費を入れても6万円ほどです。そこで、思い切って交換することにしました。

※ガス機器の価格の相場は3万円台〜10万円台です。が、メーカーによって異なりますので、各メーカーホームページ等でお確かめください。

後日、新品に交換してもらい、ピッカピカのガス台はお手入れもラクなので大満足です!

さて、かかった費用と時間は次のとおりです。

  • 初回修理:無料
  • かかった時間:30分
  • 見積もり:無料
  • ガスコンロ:約33,000円
  • 工事費:約25,000円
  • かかった時間:1時間

修理に来てくれた業者の方はとても親切で、「電池を交換すれば、あと少しなら使い続けられますよ」と教えてくれました。が、いつトラブルを起こすかわからないし、まして火事にでもなったら大ごとなので、交換することにしました。交換もあっという間でした。

まとめ
ガスコンロの火がつかなくなったら、まずすることは点検です。点検箇所は次の通り。

  • 元栓
  • ガスのコード
  • 五徳の位置
  • 電池

それでもおかしいなと思ったら、ガス機器会社の営業所や、取扱店などに連絡して一度見てもらいましょう。ビルトインのガスコンロも、交換できますよ!

-キッチンのリフォーム
-, ,

© 2020 Renote