お部屋のリフォーム

寝室をリフォームするならダウンライトやブラケットライトで照明にもこだわりを!


寝室は心身の疲れを取るための、大切な空間です。良質な睡眠は快適な空間から生まれますが、快適な空間を作る一つの重要なアイテムとして、照明があります。せっかく寝室をリフォームするなら、照明にもこだわって、癒しの空間を作ってみませんか?

この記事では、寝室におすすめの照明をご紹介します。

照明の種類

照明には、大きく4つのタイプがあります。

  • シーリングライト
  • ペンダントライト
  • ダウンライト
  • ブラケットライト

シーリングライトは天井に直につける照明です。シーリングライトは室内に均一の明るさをもたらす効果があり、リビングなどでよく使われます。ペンダントライトは天井からぶら下げるタイプの照明で、シャンデリアから電球まで、様々な形があり、電球はつける傘によってデザインが変えられるのが特徴です。ダウンライトは天井に埋め込むタイプの照明です。ビジネスホテルなどの部屋には、ダウンライトがよく使われています。ブラケットライトは、いわゆる間接照明のことです。

寝室におすすめの照明の条件


寝室には、心が穏やかになり、リラックスできる照明が似合います。就寝前には脳を睡眠に誘うような、柔らかで落ち着いた照明が良いでしょう。また、お気に入りの照明と光は極上の空間を生み出します。ただ眠るだけの部屋が、照明ひとつで就寝前の読書やくつろぎタイムを過ごすための、贅沢な空間に変わるのです。

蛍光灯が主流のシーリングライトは明るすぎて睡眠前の準備の妨げになるし、下から見上げると電球の光が直に目に入ってくるようなペンダントライトでは、光が眩しすぎて落ち着きません。

照明は上から下へ照らすものという概念がありますが、寝室の場合は下から上に照らす照明や、壁で屈折させる淡い光などが最適です。また、人間は古来、太陽とともに起きて太陽とともに寝ていました。私たちの脳もそのようにできていて、暗くなれば自然と眠くなる仕組みを持っています。そのため、就寝前は部屋の隅々まで見える必要はなく、自然と入眠できるようなトーンダウンした照明が望ましいと考えられます。

ダウンライト

ダウンライトには、スポットライトのように1点のみ集中的に照らすことができる集光型と、比較的広範囲を照らす拡散型のタイプがあります。集光型のダウンライトなら、部屋が明るくなりすぎずに必要な分量だけ明かりを灯すことができます。ダウンライトを複数設置すると、部屋の中で明るさに違いが生じ、部屋全体が落ち着いた雰囲気になります。

また、電球を自分で変えられるタイプと、変えられないタイプに分かれ、電球を自分で変えられる場合は光の色や明るさをコントロールすることが可能です。家電量販店やホームセンターなどに行くと電球色や温白色など、柔らかい光の電球が販売されています。

ダウンライトが寝室におすすめの理由は、使い勝手の良さです。例えば夫婦の寝室の場合ダウンライトの位置を妻と夫の足元それぞれに設置しておくと、寝るタイミングや起きるタイミングが違っても、自分の足元のライトだけつけることが可能です。

また、寝室はリネン類など布ものが多く、埃がたまりがちです。天井近くの掃除はやっかいですが、天井に埋め込むダウンライトなら、照明の傘に埃が溜まらないので掃除の手間が省けます。見た目もスッキリするため開放感があります。

ブラケットライト

ブラケットライトには、スタンドタイプやレールを設置して可動式にするタイプなど様々なものがあります。ですが、リフォームをするなら、設計の段階でリフォーム会社などに相談し、壁などに間接照明を設けるのがおすすめです。

寝室向きのブラケットライトは、光を壁に一度当てて間接的に照らすデザインのものです。直接光が目に入る心配がなく、壁に映った光が拡散されるため、柔らかい明るさになります。

ダウンライトとブラケットライトの併せ技

もっともおすすめなのが、ダウンライトとブラケットライトを併せて使うことです。ダウンライトは天井だけでなく、床に設置することも可能です。天井や床の一部から光が漏れ出て広がるようにダウンライトを設置すれば、おしゃれな演出もできます。また、ダウンライトの光量を落としてブラケットライトを天井や壁に反射させ、光を屈折させることで、より落ち着いた雰囲気の空間が出来上がります。

寝室リフォームの照明のまとめ

寝室は、明るすぎず暗すぎない照明が最適です。おすすめはダウンライトとブラケットライトです。寝る前に本を読む人も、手元のブラケットライトなどで調節できるし、ダウンライトは落ち着いた光量の電球を選べば部屋の中に明るさのグラデーションができて気分を落ち着かせてくれます。

リフォーム前はシーリングライトやペンダントライトなどで妥協していた人も、リフォームする際には照明にもこだわって、ぜひ自分だけの癒し空間を作ってみてください。

-お部屋のリフォーム
-

© 2020 Renote