お部屋のリフォーム

介護リフォーム|階段のバリアフリー改修のポイント

年を取ると腰痛や膝痛などが多くなり、階段の昇り降りが大変になる人は多いものです。また、階段は転倒の危険などもある場所なので、昇降しやすいように改修する工事は介護保険の給付対象となっています。

高齢者が可能な限り自立した生活を送るのは重要なことです。ここでは、階段の住宅改修について説明します。

階段をリフォームする際の具体的な項目

介護保険制度の適用は、住宅改修と福祉用具貸与または購入の2種類です。階段の改修で対象となるのは、以下の項目が考えられます。

  1. 手すりを設置する
  2. 段数を増やして階段を緩やかな傾斜にする
  3. 階段から居室への段差の解消
  4. 滑り防止加工や床材の変更

ただし、介護保険制度を利用する場合は、たとえ滑り止めのカーペットを敷くだけでも、事前に申請して承認されていることが条件です。承認される前に加工や工事をすると、給付されないことがあるので注意しましょう。

階段改修1.手すりをつける

階段につける手すりは、階段用の長いものがおすすめです。階段に手すりがあると、移動する時につかまって体を支えることができます。また、階段の最後から30センチ程度長くしておくと、最後の段まで安全に昇り降りすることができます。

手すりがあれば、階段の途中で万が一バランスを崩しそうになっても、つかまれるので安全です。途中で休憩しながら階段を2回3回に分けて昇り降りする人もいるので、立ち止まった際にも体を安定することができます。

また、手すりを持つ手や腕に体重が分散されるので、足腰への負担も軽減することができ、動作を助けてくれます。

階段改修2.段数を増やし傾斜を緩やかにする

急な階段は、昇るにも降りるのにも危険が伴います。また、急な階段は、昇り降りだけで血圧を上げてしまうことにもなりかねません。

階段は一段の高さができるだけ低いほうが、昇り降りやすく足腰にも負担がかかりません。ただし、段数を増やす工事は家の状況などによっても異なるため、信頼のおける業者さんに、工事が可能かどうか相談するのも方法です。

また、階段に昇降機を設置すると、車椅子を使用している人でも階段を利用することができます。介護する人も、かなり負担が軽減できます。ただし、昇降機の取り付けも家の状態によっては不可能な場合もあります。また、介護保険制度の適用外となりますが、それでも十分に価値があるため、気になる人は検討してみるのも良いでしょう。

階段改修3.居室との段差を解消する

階段と居室との間に段差がある住宅は、階段を昇り切ってもさらに一段あるのと同じです。段差があると、昇りきった・降りきったという気分的なものから、つまずいて転倒してしまう可能性があります。

段差を解消すれば、昇りきった後や降りきった後にそのままスッと移動することができて安全です。また、居室から出て階段を降りる際も、危険度が軽減されます。

階段改修4.滑り止めや床材を変更する

滑りやすい階段は、転倒の元です。階段での転倒を防止するには、滑りにくいカーペット素材にする、滑り止め防止の補強材を貼り付けるなどが考えられます。しかし、プラスチックなどでできた補強材は、ちょっとした段差となり、かえって危険を招いてしまう場合があります。そのため、床材を変更するなら、滑り止めの素材を一段ごとの奥行きから敷き詰めるのが望ましいです。

また、滑り止めの素材は目立つ色にすると、段差の角が分かりやすくなります。ただし、色の識別が目的で滑り止め加工などをすることは、介護保険制度の給付対象には含まれないので気をつけましょう。

階段改修で安全を確保しよう

家の中を自由に行き来できるのは、高齢者にとっては喜びです。できるだけ自力で行動する範囲を広めれば、足腰が弱くなるのも防げます。ただ、階段は転倒すると大きな危険につながるため、昇降しやすい工夫が必要です。

階段の住宅改修は、体の状態や建物などを考慮した上で行う必要があります。ケアマネージャーとよく相談して進めてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url= https://renote.info/%e3%81%9d%e3%82%8d%e3%81%9d%e3%82%8d%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%92%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%8b%ef%bc%9f/]

取材協力:
イワタニ山陽株式会社
広島市安芸区中野1丁目7番2号
TEL:082-893-3055/FAX:082-893-0943

-お部屋のリフォーム
-,

© 2020 Renote