浴室・洗面所のリフォーム

浴室の汚れ、カビ・水垢・黒ずみの対処法

2018年5月3日

ゆったりとお風呂に浸かっていて、ふと天井を見上げたら一面カビだらけでゾッとした…ここまで酷くはなくても、浴室にはびこる汚れやカビに手を焼いた経験は一度や二度はあるはずです。
特に湿度が高くなるこれからの季節、予防も含めて万全の体制で挑みたいものですよね。

そこで、浴室の汚れ、カビ・水垢、黒ずみの対処法を紹介しましょう。

材質によって掃除の仕方は異なる


浴室や浴槽などの水回りの設備は年々進化してきています。浴室の場合だと近年はユニットバスが主流になっており、昔ながらのタイル貼りのお風呂とは掃除の仕方も異なりますので注意が必要です。

タイル貼りの浴室

壁や床にタイルが貼られているタイプの浴室は、多少強い力でゴシゴシこすっても大丈夫です。
このタイプの場合、目地に黒カビが発生することも多いので、スプレータイプのカビ取り洗剤を塗布し、しばらく放置した後にカビをこすり落とします。
塩素系洗剤を使用する場合には有毒なガスを防ぐために、マスクやゴム手袋などを装着して挑むと安全です。また換気にも十分気を配りましょう。

ユニットバスの扱いは優しく

ユニットバスの場合、洗剤は基本的に中性洗剤を使用します。ブラシやタワシなどの使用は避け、スポンジを使用すると安心です。
最近のユニットバスは汚れが付きにくく落ちやすくなっているものもあるので、使用前にチェックしておくことをおすすめします。

浴槽、バスタブは要チェック

浴槽の素材で一般的なのがFRPと呼ばれるもので、強化プラスチックでできています。丈夫で耐久性もあるのですが、汚れが目立つのが難点です。
FRP浴槽を洗う際にはスポンジと中性洗剤を使用し、ゴシゴシやらないことが重要です。
FRP浴槽の表面はコーティングされているので擦りすぎるとキズが付き、そこから汚れやカビ、菌が再繁殖しかねません。

近年人気がある人造大理石の浴槽も注意が必要です。ブラシで擦らないこと、強い酸性やアルカリ性のものは変色の原因になるので使用しないことが重要です。浴槽の材質にはこれ以外にもステンレスやホーローなどがありますが、クレンザーなどによるキズを作らない、漂白剤などは使用しない点は同じです。どうしても使用する場合は目立たない場所で試してみる、スポンジで優しく接してみるなどの注意が必要です。

その他の部分の掃除方法

水栓の金属部分や鏡など

水栓などの金属部分が白く汚れたら、それは水垢によるものです。水に含まれるミネラルやカルシウムなどの成分が原因ですが、こちらも中性洗剤とスポンジで洗い流します。

ピンク色のカビみたいなもの

浴室に置いたシャンプーボトルの下、排水口付近がピンク色になることがあります。これはカビではなく菌によるもの。洗剤とスポンジで簡単に落とすことができます。

排水口の中

浴室で洗い流した汚れが集まる排水口の掃除も欠かせません。特に毛髪などを放置しておくと異臭や詰まりの原因にもなります。
目皿やカバーを外して掃除し、手が届かない場所は歯ブラシなどでキレイに汚れを除去します。気になる場合はパイプクリーナーなどを使用します。

換気、手間を惜しまない

浴室のお手入れや掃除は大変な印象がありますが、毎日のちょっとした心がけ一つでずいぶん楽になるのです。カビや菌が喜ぶ環境を作らない、汚れを放置しないだけでも大きく変わります。

お風呂上がり前のひと手間で予防する

お風呂から出る際に、浴室の壁などをサッとお湯で流します。壁に散った石鹸などを洗い流し、固着させない効果があります。その後カビが好きな温度を下げるため、水で洗い流します。残った水分をタオルで拭き取った後は、湿気がこもらないように換気をします。面倒に感じられるかもしれませんが、毎日のこのちょっとしたひと手間が、大変なお風呂掃除や黒カビなどの繁殖から浴室を守ることにつながるのです。気合を入れて浴室を掃除した後は、煙タイプのカビ取り剤なら除菌もできるので安心です。

浴室の汚れ、カビ・水垢・黒ずみの対処法


タイル以外の浴室の掃除は、基本的に中性洗剤とスポンジで行います。その際強く擦らないこと、表面を傷つけないことが重要です。
汚れを落とすためにゴシゴシやると、大切な浴槽を傷めかねません。
細かい部分は歯ブラシなどを使用し、排水口も念入りに掃除を行います。
掃除や対処に大変な時間とエネルギーを使わないためには、結局は毎日のちょっとしたお手入れと換気を行うことがポイントになるのです。

-浴室・洗面所のリフォーム
-

© 2020 Renote